ビットコインで失敗しないための海外最新情報

アドバイザリーグループが言うには、香港はDLTに最大限の努力を投じるする必要がある。

香港政府は、ブロックチェーンへの道をリードすべきだと、金融アドバイザリーグループが今日伝えた。

金融サービス開発評議会(FSDC)は、業界の問題に関するガイダンスを提供するために2013年に結成され、今朝公開されたいくつかの主要分野における政府の行動を求める、新しいディスカッションペーパーを発表した。

FSDCレポートの主要な推奨事項は次の通り:

・デジタル通貨の準備:FSDCは、香港がデジタル通貨の準備を整え、中国を具体的に指し、「可能性のあるデジタル人民元の発行」を挙げている。

・研究開発スペースを確立する:一時的に「DLTハブ」と呼ばれるこの計画には、官民共同研究に焦点を当てた研究開発センターの開発が含まれる。 設立されれば、そのイニシアチブは香港の事実上の中央銀行による取り組みと競う事になるだろう。

・概念を証明する:このグループは、ブロックチェーンを実際に操作出来るようにする為に香港政府に迫っている。FSDCはまた、香港がブロックチェーンに対する支出を増やすことを望んでいる。DLTの能力と効果を効果的に実証するためには、より大規模な資金調達と、「財務」、「スマートシティ」、「貿易と物流」のテーマの下で、この作業を優先する必要がある。

・主導権を握る:香港は、ブロックチェーンの周辺の公共セクターのイニシアチブに先駆けて「DLTリード機能」を必要としている。この個人または事務所(報告書では特定されていない)は、部分的に「技術を促進する」公共セクターのアプリケーションの触媒として役立つだろう。

多少の劇的な緊張感を訴えるこの報告書は、香港が迅速に行動するよう促している、さもないとリスクが残る可能性がある。

「潜在的に非常に異なる世界で自らのために場所を確保するために、香港は今DLTに取り組む必要がある」とグループは結論づけた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です