日本のNEC、Hyperledger Blockchainプロジェクトでの役割を拡大!


apan’s NEC Expands Role in Hyperledger Blockchain Project
日本のNEC、Hyperledger Blockchainプロジェクトでの役割を拡大

日本最大のIT企業の1つがHyperledgerブロックチェーンプロジェクトでの役割を拡大している。

NECは本日発表したLinux Foundationの取り組みにより、グループの最高のメンバーになった。NECのfintech事業開発事務所を率いる岩田大一も、Hyperledgerの運営委員会に参加している。

NECは、取り組みが始まったわずか数週間後の2016年初めにHyperledgerプロジェクトに参加するグループの一員であった。HyperledgerはIBM、JPモルガン、ロンドン証券取引所などの企業を中心に2015年12月に正式に開始され、以来100社を超える新興企業、確立された企業のランクの間で誕生した。

声明で、同社はHyperledgerの拡大された作業は、技術を中心とした過去の取り組みに基づいていると指摘した。「ブロックチェーンは変革の技術であり、Hyperledgerコミュニティに専門知識と知識を提供することで、採用を進めることにコミットしている。」NECの事業革新部門を統括する藤川修氏は述べた。

Hyperledgerとの共同作業に加えて、NECは日本の金融分野におけるブロックチェーン開発の役割を担ってきた。昨年10月、三井住友信託銀行は、プロトタイプをテストするためにNECとIBMの日本の部門と協力し、貿易金融や資産保管に関するコンセプトを模索していたと発表した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です